交通量調査

 

開発例2  - 交通量調査

 

概要

この案件では、調査を実施されるお客様のシステムを構築されるインテグレータさま向けに交通量計測用の映像処理を試作開発しました。

路側で撮影されたビデオ映像の映像処理により、道路の通過車両台数、さらには 車線ごとの通過車両台数を自動的に計測することが可能です。このようなデータの分析により、道路の利用状況を把握し、道路計画・管理・保全のための より詳細なデータを収集することが可能になります。 なによ り、危険な路側帯での 人によるカウント作業でなく、コンピュータの自動処理によるため、より長期間にわたっての調査や、季節の制約を受けずに調査を実施 することが可能になると考えられます。

 

特徴・機能

  • 特別なビデオ装置を用いず、民生品の低価格 ビデオカメラを利用
  • ビデオがあるので、映像処理結果とビデオを見て人手でカウントする結果との対比がいつでも可能
  • インターネット・ブロードバンド接続、あるいは高速な通信ライン接続可能な場合、遠隔のサーバにビデオデータをアップロードしての処理も可能。
  • 繰り返し、映像データを取得、映像処理することで、長期間にわたる調査が可能
  • 日中および夜間の計測
  • ある道路区間の通過車両をカウント
  • 特定の車線を走行する車両のカウント
  • 右折、あるいは、左折車両のカウント
  • 大型車両と小型車両を区別してカウント


デモビデオ

以下のデモビデオでは、兵庫県内の国道43号での交通量計測の例です。カメラは歩道橋に置き、路面からは離れて、車両の通過がはっきり見える場所に設置して撮影しています。

 

ビデオ1. 通過する直進車両と左折する車両を計測しています。赤色のカウンターは左折、緑色のカウンターは直進車両の台数を示します。

 

ビデオ2. 夜の時間帯に各車線を通過する車両の数を数えます。赤色のカウンターは左車線、緑色のカウンターは中央車線、青色のカウンターは右車線の通過車両数を示しています。

 

ビデオ3. 夜の時間帯でのトラック車両のカウント例。上記ビデオ2と同じ様に、1つ目の赤色のカウンターは左車線の通過車両台数を示します、2つ目の赤色のカウンターは同じ車線のトラックの数を示します。他のカウンタは中央と右の車線の情報を示します。

 

考慮・考察

精度の良い結果を得るためには、適切なカメラ設置が重要になります。 ここでは歩道橋を利用して、それぞれの車線がはっきり撮影できる様に
カメラの設置場所を選んでいます。


デモの詳細情報

カメラ JVC Everio GZ-HM350
入力 H.264 1080i (1920x1080) ~30fps
ビデオ出力 MP4 960x540 (960x720 数取機込み) 10fps
ホスト/ CPU Intel C2D 3GHz
負荷・処理速度 ~20fps, (夜は15fps)