災害時ネットワーク

 ○ 災害時向け無線メッシュネットワーク活用について

alt

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地方公共団体のためのBCP策定のガイドライン(総務省 ICT-BCP初動版 導入ガイド)の中でも「特に、通信手段の洗い出しにおいては一つの通信手段だけではなく、複数の通信手段を挙げておくことが望ましい。」と通信のバックアップを準備することの重要性がうたわれています。

災害時用ネットワークシステムの予算が限られている場合も、平常時有効利用可能な 無線メッシュ通信ノード(可搬型無線メッシュノード 活用例 ) を準備することで、災害時のバックアップ通信網としての利用が可能になります。

総務省でまとめられた 「災害に強い情報通信ネットワーク 導入ガイドライン」(ガイドラインはこちら) で災害時ネットワークの課題解決のひとつの方策として挙げられている 「車が拠点を繋ぐ仕組み」 に、可搬型無線メッシュノード の利用が可能です。